オリエント急行が年内で廃止

【ロンドン時事】22日付の英紙インディペンデントによると、アガサ・クリスティ推理小説でも知られる夜行列車「オリエント急行」の運行が、今年12 月に廃止される。戦争による停止や路線変更など曲折を経ながらも欧州鉄道史に輝かしい足跡を残してきたが、夜行のコスト高もあり126年の歴史に幕を下ろすことになった。



 オリエント急行は1883年に運行開始。1930年代の最盛時には仏パリトルコイスタンブールを結んでいたが、第2次世界大戦後は自動車や飛行機の発達で縮小の一途をたどり、2001年にはパリウィーン間に、07年には仏ストラスブールウィーン間に短縮された。

 12月12日午前8時59分ストラスブール着の列車を最後に、時刻表から完全に姿を消す。

 

時代の流れには逆らえなかったのでしょう。アガサクリスティのオリエント急行殺人事件を読み返してみようと思います。














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック