新型インフルエンザの国内感染が広がる





WHOなどによると、2009年5月17日午前11時00分(日本時間)現在、世界中で36カ国において8,000例以上の新型インフルエンザA(H1N1)感染の症例が報告されており、アメリカ、メキシコ、カナダなどがその多くを占めている。死亡例はメキシコ66例、アメリカ4例、カナダ・コスタリカ各1例の計72例である。
 日本では、5月8日にカナダから帰国した日本人4名が入国前(3名)および停留中(1名)に新型インフルエンザA(H1N1)感染確定と診断されている。また、神戸市において8名、茨木市において9名、大阪市において1名が新型インフルエンザ感染確定例、豊中市において1名が疑い例となっている。全例に海外渡航歴はなく、国内初のヒトからヒトへの感染が発生した可能性がある。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック