日清ラ王8月いっぱいで生産中止  

カップラーメン市場に革命を起こした「日清ラ王」シリーズが、8月いっぱいで生産中止になることが分かった。カップラーメンの歴史を塗り替えたとされる一大ブランドの消滅に、ファンは衝撃を受けている。「高級カップラーメン市場を切り開いた先駆けで、生タイプとしてはほぼ孤高の存在。乾燥でなく生の麺、しかも待ち時間ゼロという強い個性はもちろん、ほっとする優しい味のスープも隠れた魅力でした。高くても本物に近いラーメンを食べたいという新しいニーズを引き出した名作だけに、寂しいかぎりです」


日清食品は製造中止の理由について「1992年の発売当初は、ラーメン店に匹敵する生麺のクオリティーが大ヒットしましたが、2000年以降は高級タイプのノンフライ麺との競合が激化し、年を追うごとにシェアを落としていた」と説明する。
 こうしたラ王の消滅を惜しむファンに対し、日清食品は7月30日から8月20日まで追悼イベント「ラ王追湯(ツイートウ)式典」(http://twi-tou.rao.jp/)を特設サイトで実施する。ラ王への熱い思いをツイートした(つぶやいた)人の中から、抽選で100人にラ王しょう油味1ケース(12個)がプレゼントされる。ぜひこの機会に熱い思いをツイートしてはいかがだろうか。


日清ラ王 復活?変身?
生麺タイプからノンフライタイプの太麺に



 一方、ラ王とほぼ入れ替わりで誕生するのが、「カップヌードル」の麺をご飯に替えた「カップヌードルごはん」(税別250円)だ。



 「まずは、しょう油ベースとシーフードベースの2種類を発売します。具材の構成は通常のヌードルと一緒です。おじやをイメージするかもしれませんが、実際にはチャーハンに近い。分量はおにぎり2個分、カロリーは従来のヌードルとほぼ一緒です」


 8月16日から近畿2府4県で発売し、順次、全国販売する。売れ行きを見ながら味のレパートリーも増やす方針という。

チャーハンというよりはピラフという表現のほうが近い商品のようです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日清ラ王 復活?変身?

    Excerpt: 日清ラ王が生麺タイプからノンフライの太麺になって復活するそうです。麺のタイプが変わったとはいえ、あまりにも早すぎる復活劇です。生麺に匹敵するようなノンフライ麺を開発したというのが一番の理由だそうですが.. Weblog: yomimonodaisukiのブログ racked: 2010-08-24 23:19