サントリー、青いバラを11月3日から販売へ

以前、サントリーが世界初「青いキク」を開発の記事のなかで、年内に「青いバラ」の販売開始予定とお伝えしましたが、 その発売日が決定しました。

サントリーフラワーズが開発した青いバラ「サントリーブルーローズアプローズ」
その名は「喝采」、花言葉は「夢 かなう」。
画像


 サントリーは20日、世界で初めて開発に成功した「青いバラ」を11月3日から発売すると発表した。花弁にほぼ100%の青い色素を含むバラで、「SUNTORY blue rose APPLAUSE」の名称で売り出す。価格は2000~3000円。年内6千本、平成23年に20万本の販売を目指す。 バラには青色の色素がなく、青いバラの開発は不可能とも言われてきた。

 サントリーは平成2年から、同社の挑戦精神「やってみなはれ」に基づいて青いバラの開発に着手し、パンジーの青色遺伝子をバラに導入することで16年に開発に成功した。

 各種認可と生産体制を整えたことで、累計20年間の期間を経て一般販売に踏み切ることにした。

 この日、都内で会見したサントリーの辻村英雄常務執行役員は「不可能の代名詞といわれた青いバラをお手元に届けることできた」と話し、感慨深げだった。



値段が2000円から3000円とのことで、まだ高価で手が出ませんが、何年かするともう少し手に入れやすい価格になるのかなと期待しています。やっぱり実物を一度は見てみたいものです。



yomimonodaisukiのブログ TOP







【世界初!話題の青いバラ!】サントリーブルーローズ「APPLAUSE 〜アプローズ〜」\3,500(税抜)【楽ギフ_メッセ入力】
クリエイティブフラワー
----------割引チケットをお持ちのお客様へ---------- オープン日延期に伴い、 8月

楽天市場 by 【世界初!話題の青いバラ!】サントリーブルーローズ「APPLAUSE 〜アプローズ〜」\3,500(税抜)【楽ギフ_メッセ入力】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック