化粧の下地にも使える 日焼け止め サンスクリーン

ごみを出したり、洗濯物を干したりするちょっとの間に日に焼けていることが多いそうです。顔を洗って化粧水を塗ったらすぐに日焼け止め塗るのが良いようです。それを考えると、化粧下地にも使えるものを選んでおくと楽かもしれません。


化粧下地にもなって、肌に負担が少ない商品を2つ選んでみました。シミになってからでは大変ですので、しっかり対策しましょう。



■“肌にやさしい”水ベースのUVカット。
ファンデーションなどにも含まれる成分、酸化チタン(金属酸化物)には、紫外線防止効果がありますが、毛穴を塞いだり、光反応によって活性酸素を作り出すなど、ターンオーバーの妨げにもなります。そこでGive&Giveでは、酸化チタンを使用しない、水ベースの無添加日焼け止めを開発しようと考えました。紫外線吸収剤をシルクたんぱくでコーティングし、その隙間をアスタキサンチンで埋める事で、紫外線による反応を防いでくれます。また、タップリと配合したヒアルロン酸が吸収剤による熱の発生を発散させてくれるので、熱が肌に吸収されるのも防いでくれます。Give&GiveのUVAアンドBプラスCは、従来の日焼け止めとはまったく異なる製法・開発により、肌に負担をかけずにSPF30.08・PA+++という高数値を実現させた日焼け止めです。赤ちゃんにも安心して使えるのはそのためなんですね。


Give&Give UVAアンドBプラスC


【水溶性UVカット】
 ■SPF :30.08
 ■PA  :+++
 ■保 湿:★★★★★

(全成分)

精製水・メトキシケイヒ酸オクチル・ペンチレングリコール・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン・ポリシリコーン-14・グリセリン・BG・エチドロン酸・オクトキシグリセリン・アスタキサンチン・ラウリン酸ポリグリセリル-10・ステアリン酸スクロース・ヒアルロン酸Na・アテロコラーゲン・スフィンゴモナスエキス(発酵セラミド)・褐藻エキス・アルギン酸Na・カルボマー・炭酸Na






オードヴィーブ・サンスクリーン

水、ホホバオイル、ステアリン酸、シア脂、酸化チタン、タルク、レシチン、BG、酸化亜鉛、酸化ジルコニウム、アロエベラ葉エキス、セリサイト、加水分解コラーゲン、アルガニアスビノサ核オイル、ウミクロウメモドキオイル(サジーオイル)、サクラ葉エキス、ユズエキス、メリアアザシラクタ葉エキス、ユビキノン、トコフェノール、グレープフルーツエキス、香料(ローズオットー、ジャスミン)
※紫外線吸収剤不使用


【UVカット効果】
●SPF値:25 
● PA値:++ 相当
※PA値はアナライザー試験によるものです






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック